神戸ルミナリエが崩壊!復旧や開催期間の中止・延長などチェック!

Tweet [`buzzurl` not found] どうも、今日は〜!! 私が住んでる...
LINEで送る
[`buzzurl` not found]

どうも、今日は〜!!

私が住んでる地域は昨晩遅くから早朝にかけて雨や風が、台風のようでした!!

前線を伴う急速に発達した低気圧が日本列島を通過したためだったようですが、


近畿地区も11日の午前中に強い暴風雨にあったそうで、

「神戸ルミナリエ」が崩壊したというニュースが届きました!!

Sponsored Link


この季節にこんな天候になるなんて

びっくりしますよね〜ww

まさに「冬の嵐」

最近は、へんてこな天候になる事が多くて、

地球が壊れていってるんじゃないかと不安になります笑



神戸ルミナリエの崩壊した場所


崩壊した場所は

神戸市中央区の 東遊園地の南側の噴水広場です

その噴水広場に設置された

円形の電飾作品「スパッリエーラ」という

直径25メートル、高さ9メートルの作品だそうです!

それが、22本も倒れたようですね・・・

全長84メートルだっそうです。

その他にも、飲食店が出店するテントも4張り飛んでいったようです。


神戸ルミナリエ崩壊


この作品は

木製ポールを噴水の縁に立ててワイヤで固定したもので

風速20メートルに耐えられる設計だったそうですが

最大瞬間風速26・7メートルを記録した風には敵わなかったようですね〜



幸いなことに、早朝の午前5時半頃だったということで、

けが人はいなかったようで・・・

本当に良かったですよね〜


これだけの作品ですから、

もし、周りに人がいれば、大惨事になりかねないですから・・・

阪神・淡路大震災の鎮魂と追悼、復興を祈念して行っている「神戸ルミナリエ」なのに、

ここで、事故が起こると

何やってんだかわかんなくなりますもんね・・・

Sponsored Link




中止・復旧・延長について


復旧には時間がかかる模様で、

組織委員会は復旧を断念したというニュースも流れていますが、


この会場以外は安全点検が終わり、

旧外国人居留地の「光の回廊」など他の電飾は

本日11日も夕方6時から開催される予定だそうです!

ちょっと安心しましたね〜



この「神戸ルミナリエ」は

震災から20年経ち

毎年、企業参加(寄付金)が減ってきているうえに、

最近は同じようなイルミネーションのイベントが増えて

集客も落ちているところでした。

神戸ルミナリエ


そんな中、

噴水広場で集客を狙った取り組みとして「踊る!KOBE光のファウンテン」を初めて開催し、

4年ぶりに円形作品を復活させ、

発光ダイオード(LED)が点滅する演出が話題になっていただけに

本当に残念ですよね・・・


今のところ、期間を延長する話は全くあがってませんし、


今年はもう、このまま13日までいくんでしょうね・・・



誰が悪いわけでもなく、

自然の力なので、仕方ないわけなんですが、

なんだか、寂しい感じが残ってしまい残念で仕方ないです。

Sponsored Link

こちらの記事もよく見られてます♪

PREV:岩間沙織(セイントフォー)の現在と若い頃は?結婚や劇団もチェック!
NEXT:ひとりでできるもんの素顔や正体!結婚やエグスプロージョンとの関係は?

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です