松村厚久(ダイヤモンドダイニング社長)の出身大学や病気について!

Tweet [`buzzurl` not found] どうも、どうもです! 今日(1月1...
LINEで送る
[`buzzurl` not found]

どうも、どうもです!

今日(1月10日)の『 Mr.サンデー』に

若年性パーキンソン病という難病と闘いながら

ダイヤモンドダイニングの社長として活躍されてる若きカリスマ社長「松村厚久(まつむら あつひさ)」さんの特集のコーナーがありました。



ダイヤモンドダイニングといえば、

1996年に「有限会社エイアンドワイビューティサプライ」から始まり、

100店舗100業態の実現を目指した外食産業の会社で

2010年に100舗100業態を達成

2014年には、東京証券取引所第二部上場

その1年もたたない2015年7月には東京証券取引所第一部上場会社となってます。


今回は、その

飛ぶ鳥を落とす勢いのダイヤモンドダイニングの創始者で社長の松村厚久さんについて調べてみようと思います!


松村厚久さんのプロフィールと経歴


松村厚久顔

本名     : 松村厚久(まつむら あつひさ)

出身地    : 高知県

生年月日   : 1967年3月29日(48歳)

血液型    : B型


こんな感じですが・・・中々のイケメン社長さんですよね!


出身大学は日本大学理工学部

大学在籍中にサイゼリアで4年間アルバイトをしたことで、外食産業に興味を持ったそうです!


大学卒業後は「日拓エンタープライズ」に入社

“伝説の黒服”と呼ばれ、「ボディコンナイト」など数々の企画が大成功しました。


1995年6月(28歳)に独立。日焼けサロンを始める

1996年 「A&Yビューティサプライ」を設立

2001年、銀座に「VAMPIRE CAFE」をオープンし、念願の飲食業を始める

2002年 「株式会社ダイヤモンドダイニング」へ社名変更

2007年3月 大阪証券取引所ヘラクレス市場(現JASDAQ)へ上場

2008年1月 外食産業記者会「外食アワード2007」受賞
        これは、外食産業に最も影響を与えた人物に与えられる賞です。
        日経流通新聞「飲食業2007田土ランキング」店舗売上げ伸び率1位
     

2010年10月 100店舗100業態達成

現在グループ全体で多業態約250店を展開中


こんな感じです・・・


そんな松村さんは自身の病気のことを

ずっと、社員にも内緒にしていたんですね・・・


そらそうですよね・・・


カリスマ社長ですから、

社長が難病に侵されていると知ったら、

取引先だけでなく、社員だって不安になりますし、

株主が離れていってしまいますから・・・経営者としては何としても秘密にしたいですよね〜


それが、

もう隠せないくらい病状が進行して

ついに、2014年8月、

松村さんのことを書いた作家の小松成美さんの『熱狂宣言』(幻冬舎)にて告白したんです・・・

松村厚久、小松
松村さんと小松さん



病気がわかったのが2005年38歳の時ですから

もう、10年弱もの間、隠し通していたんですね・・・


その根性には頭が下がりますね・・・

Sponsored Link




若年性パーキンソン病は、

進行性の難病で、進行を遅らせることはできますが、

現代医学をもってしても、完全治癒は困難とされている不治の病です。

普通は40〜50歳以降に発病するケースが多いのですが、

松村さんは若年性といって、30代で発症するケースだったようです。


身体的にはふるえ固縮無動姿勢障害など

だんだん不自由になってきますが、

脳の働きはクリアな病気です。


ですから、本人もはがゆい思いをすることが多いようですね・・・


番組の中でも、

自分の能力はこんなもんではない。
あと少し、もう少し体がもどれば、
でも、苦しい
僕が頑張れば社員の給料も上がるのに


という発言がありました。

そして、全てを投げ出したい葛藤と毎日戦っているそうです・・・

やはり、そうですよね・・・

こんな難病になったら、

フツーの精神ではいられないと思います・・・


私としては、

病気なのに毎日、会社に出社し、仕事をこなすだけで

尊敬しますが・・・



松村さんは、


新たな目標として「 1000店・売上高1000億円

新たな産業の国内 ブライダル事業にも進出
2016年秋に、築100年の歴史的建造物を、大型パーティや結婚式が行える施設にリノベーションしてオープンする予定

今期(2016年2期)目標は売上高300億円


なんだそうです!!


いやぁ〜もう、脱帽ですね〜!!!



こんな、難病に侵されていても、

病気に負けない前向きな精神に尊敬の念と

勇気をあたえられた気がします。



その松村さんが手がけるお店は?


ダイヤモンドダイニングのお店は

それぞれにコンセプトがあって、どこもいってみたいです・・・

そのお店の検索はココ

調べて、一度行ってみてください。

話題の人気店ばかりですから・・・・




ということで、ダイヤモンドダイニングの松村厚久さんでした。

応援しています!

Sponsored Link

こちらの記事もよく見られてます♪

PREV:竹田圭吾の死因の病気は何?嫁や子供など家族について!
NEXT:塚本堅一アナの出身大学とプロフィールは?嫁や子供も調べてみた!

コメント

  1. シユシヨウミン より:

    同じ病気、同じ歳、同じ頑張でる、全然違う人生

    • sodasui より:

      コメントありがとうございます。
      重みのある言葉ですね・・・
      私も少しでも近ずけるように生きていきたいです。

  2. 通りすがり より:

    冒頭の文が若年性アルツハイマーとなっているので、修正した方がいいのではないでしょうか。
    アルツハイマーとパーキンソン病は両者ともに大変な病気ですが、経営者という立場からするとアルツハイマーと誤解されては、会社的に好ましくない影響を与えるかもしれませんので。

    • sodasui より:

      通りすがりさん、コメントありがとうございます。
      本当ですね・・・大きな間違いです。申し訳ありません。
      ちょっと、アルツハイマーの事を考えてたところだったので、ごっちゃになってしまいました。

      修正しました。
      これからは、気をつけます。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です