飛松五男の経歴や階級は?家族と評判や名言について!

どうも、こんにちは! ゴールデンウィークも終盤になり、 ヤレヤレと思っている親御さんも私だけではないと思っている今日この頃・・・ 今日の話題は相...

どうも、こんにちは!

ゴールデンウィークも終盤になり、

ヤレヤレと思っている親御さんも私だけではないと思っている今日この頃・・・


今日の話題は相変わらずテレビ番組からです。

5月7日の『ジョブチューン~アノ職業のヒミツぶっちゃけます!』

「大好評!!警察ぶっちゃけ第6弾」ということで、

公安から捜査1課、2課、3課とお互いの本音をふっちゃけてくれるそうで・・・


Sponsored Link


刑事物のドラマが大好きな私にとって見逃せない!!!


で、その番組の予告を見ていて気になったのが 捜査1課の「飛松五男(とびまつ いつお)」さん!!


ちょっと濃いキャラで面白そうなので調べてみることにします。



飛松五郎さんのプロフィール


飛松五男顔

名前   : 飛松五男(とびまつ いつお)

出身地  : 鹿児島県阿久根市

生年月日 : 1944年11月15日(71歳)


こんな感じでしょうか・・・


なんと70歳を超えてます。

お元気ですね〜

なんだか、1本筋が通った感じで

見ているこっちも背筋を伸ばしてしまいます笑笑


鹿児島出身ということで・・・

薩摩のあつ〜い血を受け継いでいつんですね!

まさに質実剛健・勇猛果敢というところでしょうか!


で、9人兄弟の五男だそうで「五男(いつお)」さんだそうです!

まぁ、昔はこんな名前のつけ方は普通でしたよね〜

子供も多くなると名付けも大変なんでしょうねww

現在の少子化時代の名付け方とは違いますよね〜




経歴



高校は、地元 の鹿児島県立阿久根高等学校を卒業しています。

現在はこの高校は周りの3校で統廃合され鹿児島県立鶴翔高等学校となってます。


で、卒業後は 兵庫県の自動車関連の会社に集団就職しています!


が、

1年ちょっとで、兵庫県警の採用試験を受けて合格するんです!

「入った日から刑事になりたくて、なれた日には嬉しくて仕方なかった」


というくらい刑事という仕事が好きなようです。


まぁ、素晴らしい職業ですよね・・・

人のためになるし、地位も名誉もある誇り高いお仕事だと思います・・・


そして、飛松さんにとっては天職ではないでしょうかね〜


所轄刑事

警察本部捜査第1課刑事

巡査部長(1976年31歳)


となって、

41年間の兵庫県警勤務の中で、36年間は管理部門以外のすべての捜査部門を網羅したそうです。


2005年の退職時巡査部長から警部補になり

警察庁長官表彰、警察庁近畿管区警察局表彰、兵庫県警本部長賞など多数受賞しているそうです.


が、

現職時にテレビ局との直取引により、交通業務、鉄道警察に変更され退職になったと・・・


『警察24時』などの警察密着ドキュメンタリー番組に

“飛松と居ると事件が撮れる”


と言う事で、よくテレビにも出演してましたから・・・ね・・・


飛松五男 あいりん
現場を見に行っている飛松さん



定年後も

姫路2女性殺害事件」や「加古川市女性教師殺害事件(2009年)」などの解決に貢献し


コメンテーターの仕事も増えていきました。



現在も

『飛松実践犯罪捜査研究所』でよろず相談として

被害者家族の相談や捜査に協力しています!



で、そんな飛松さん

『たかじんのそこまで言って委員会』では「 パッション飛松」として親しまれています。


まぁ、その通り情熱に溢れたアツ〜い飛松さんですけどね〜ww

Sponsored Link




階級は?


経歴でも書いたように、

退職時に警部補になってます。


【警察の階級】

巡査 : 一般の係員
巡査長 : 一般の係員
巡査部長 : 主任
警部補 : 交番の所長、警察署の係長、警察本部の主任
警部 : 警察署の課長、警察本部の課長補佐
警視 : 警察署の署長、警察本部の課長
警視正 : 大規模な警察署の署長、警察本部の部長
警視長 : 県警察本部長・管区警察局長
警視監 : 道府県警察本部長
警視総監 : 警視庁の本部長


ということですね・・・

巡査長は経験年数で選ばれますが

その他は昇進試験を受けなくてはいけないようです



キャリア組は

昇進試験などはなく、

入庁後、警察大学校で学び、警察署で見習い期間を経るなどしたら、警部に昇進するそうで、

ここまでたったの1年という短時間。

その後、警察庁で2年勤務し、再び大学校で教育を受ければもう警視・・・

25~26歳で所轄の警察署長になり

その後、警察庁や都道府県警察など転勤を繰り返し

その間に階級も昇進し出世街道をひた走る・・・って感じだそうです。


それに比べると、飛松さんのようなノンキャリア(採用試験に合格して警察官になる人たち)・・・厳しいですよね〜


『踊る大捜査線』のいかりや長介さん的な感じですかね〜



そういえば、私の大好きな『相棒』の杉下右京さんは

キャリア組なのに、警部補からやっと警部になったような・・・


どういうこっちゃ笑



評判や名言



上でも書きましたが、“飛松と居ると事件が撮れる”ということで、

事件を嗅ぎつけそれを解決する実力は誰しも認めるところですし、


退職後に関わった2009年の加古川市で起きた「女性教師殺害事件」は

その被害者の父親が飛松さんの元同僚だったそうですから、

周りからの信頼も大きいのがわかりますよね〜



また、

『ジョブチューン』に度々出演していて

警察の内情をぶっちゃけてくれていて・・・その面からも好評です・・・


ただ、警察からするとどうなんでしょうね〜

いい気がしてない人も多いでしょうけどね・・・笑



だって、

「現場の婦人警官はブスばっかり」
「「警察のロッカーには3億円分のニセ札束がある」
「事件が無い時、刑事はバチンコに行く」




などと言ったりしてるんですね〜

ニセ札については驚きですけど・・・

後の二つはなんとなくわかる気も・・・ww


僕が暴力団の事務所に行ってるじゃないですか、
そこに、「集金、集金」と来て、組の頭から1回5万円もらっていく。
頭が「また来やがった、あいつは」と言うとりました。

シリーズ 前阿久根市長・竹原信一×兵庫県警元警部補・飛松五男(7)より

警察官が裏金に手を染めるのは出世につながるから




これには言葉がでないですけど・・・

こんなこと言っていんですかね・・・

逆に飛松さんの命の心配をしてしまう・・・

飛松五男現場



こんな暴露本も出しています!


2011年 『飛松五男の熱血事件簿 私だけが知っている不可解事件の裏側と真相』 鹿砦社
2013年 『なぜ警察官の犯罪がなくならないのか 元熱血刑事がテレビで言えなかったこと』 インシデンツ
2014年 『歪曲捜査 ケンカ刑事が暴く警察の実態』 第三書館

飛松五男 本


まぁ、これだけ有名になったんだから・・・命の心配はないですねー笑




「今でも警察が好きだ。

誰かが警察の悪口を言ったら、はらわたが煮えくりかえりますよ。

出世せんかったけど、後悔はしとらへん。

もし生まれ変わっても、また警察官になります。」



ということで、

結局は警察に対する愛情が大きすぎて、

少しでも警察をよくしたいと思う気持ちがゆえの発言なんです。


なんだか、まっすぐで正義感の強い熱血な人間性も見えてきます!!!





家族は?


そんなパッション飛松さん・・・

奥さんや子供さんってどんな方なんでしょうか??


見てるぶんには面白いし

気持ちいいですが、

こんな人が旦那や父親だと思うと・・・申し訳ないですがイヤかな・・・


ご家族はどんな感じでしょうか???


調べてみましたが、ネット上の情報は見つけることができませんでした・・・


が、

毎年、お正月に家族に“辞世の句”を残していたらしいです。


命がけの仕事をしていた証ですが、

きっと奥さんや子供さんは常に心配していたことと思います。


私には、勤まりませんわ〜



現在でも

実践犯罪捜査研究所
よろず相談所
行政書士事務所
探偵事務所

をされていて、

やっぱり、家族の方は心配は尽きないですね〜




ということで、

今回は飛松五男さんいついて調べてみました。

5月7日の『ジョブチューン~アノ職業のヒミツぶっちゃけます!』では

捜査1課の代表の飛松さんだけでなく、元3課の小川泰平さんや

元公安、元科捜研、元SPなどが出演するそうで、

どんな裏の暴露話が聞けることやら・・・


とっても楽しみです!









 

Sponsored Link

こちらの記事もよく見られてます♪

PREV:祐真(すけざね)キキが可愛いけど彼氏は?本名や高校・大学をチェック!
NEXT:亀田姫月(ひめき)の彼氏や高校は?整形疑惑と母親も調べてみた!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です