川井梨紗子(レスリング)の父や母や姉妹は?出身高校や大学について!

Tweet [`buzzurl` not found] どうも、どうもです。 今日もリオ五...
LINEで送る
[`buzzurl` not found]

どうも、どうもです。

今日もリオ五輪の話題です。
女子レスリング日本代の活躍・・・めざましいですね〜

その選手の中で今回は 女子フリースタイル63kg級の日本代表川井梨紗子選手について調べてみたいと思います。

Sponsored Link


女子レスリングというと・・・もう吉田沙保里選手を中心に仲がよくまとまっていて感じがいいですよね・・・

この川井選手も吉田沙保里選手の練習の拠点である 至学館大学に通っているんですよね〜

今回金メダルをとった67kg級の土性沙羅選手や48kg級の登坂絵莉選手もこの大学なんですよ・・・
58kg級の伊調馨選手、63kg級の渡利璃穏選手も卒業生です・・・

って、みんな志学館大学でみんな栄和人先生の教え子なんですね!





川井梨沙子選手のプロフィール


川井梨紗子顔

名前     : 川井梨紗子(かわい りさこ)
出身地    : 石川県河北郡津幡町(つばたまち)
生年月日   : 1994年11月21日(21歳)
血液型    : 不明
身長     : 160cm
所属     : 志学館大学


こんな感じですかね・・・

レスリングの試合で戦っているときは目つきも鋭くアスリートですが・・・

笑うと可愛らしいお年頃のお嬢さんですね〜



レスリング歴と学歴


レスリングは小学校2年からレスリングを始めたそうです。

なんでも、お母さんが指導者をしていた「金沢ジュニアレスリングクラブ」に入ったそうです・・・

いや!お父さんの影響でレスリングを始めた人選手は多いですが・・・
お母さんの影響ですか!?


ちなみにお父さんも元レスリング選手・・・


ということは両親ともに元レスリング選手で・・自然とレスリングをする環境にあったんでしょうね〜
小学校時代の成績は6年の時の「全国少年少女レスリング選手権大会」33kg級で2位になったのが一番いい成績のようです。


石川県河北郡津幡町立津幡中学校に進学してからは、実力をつけてきようで
2009年(中学3年) 全国中学生選手権 52kg級 優勝



出身高校は志学館高校です。

高校時代はかなりのタイトルを取ってますね・・・

【52kg級】
2011年(高校2年) ジュニアクイーンズカップ カデットの部 優勝
            全国高校女子選手権 優勝
            世界カデット選手権 優勝 
【51kg級】
2012年(高校3年) ヤリギン国際大会 優勝
            クリッパン女子国際大会 シニアの部 優勝
            ジュニアオリンピック ジュニアの部 2位
            全国高校女子選手権 優勝(56kg級)
            全日本選抜 優勝


川井梨紗子アイキャッチ


で、そのまま志学館大学に進学し、現在4年生ですね・・・
土性沙羅選手とは同級生です。


大学に入ってからもどんどん成長していて

【55kg級】
2013年(大学1年) 世界ジュニア 優勝

【58kg級】

2014年(大学2年) ワールドカップ 優勝
            ジュニアクイーンズカップ ジュニアの部 優勝
            アジア選手権 優勝
            世界ジュニア 優勝(59kg)
2015年(大学3年) ワールドカップ 優勝


【63kg級】
2015年(大学3年) 全日本選抜 優勝
            全日本レスリング選手権 優勝(60kg)
2016年(大学4年) アジア選手権 優勝



優勝だけあげても、この実力ですよ!!

これはリオ五輪で金メダル候補と言われるのもわかりますね!


階級はどんどん上がっていってますが・・・
もちろん成長期で大きくなったのもありますが、

大学生で63kg級にあげたのは
伊調馨選手がいるからだそうです・・・

栄監督から提案されたそうですが・・・本人はすぐに納得したわけではなかったようです。

が、登坂選手の強い勧めや
両親も果たせなかったオリンピック出場の夢を果たすために
(お母さんの時代には女子レスリングのオリンピックはなかった)

2階級もあげて63kg級にし、オリンピックを目指すことに・・・

オリンピックのレスリングの階級は女子では48、53、58、63、69、75の6階級ですが
オリンピック以外は55、60が入って8階級になるんですね・・・
ややこしいんですけど・・・


って・・・さすがに2階級は大変だと思いますよね〜

でも、 2015年の「世界選手権で2位」になってリオ五輪内定になったんですね・・・
体重や身長、パワーで劣る部分をスピードで補うんだそうです!

川井選手の持ち味は組手からタックルに入りポイントを取るスタイルだそうです。

タックルはスピードが大切ですからね〜

Sponsored Link





川井選手の父・母・姉妹など家族について


で、先ほどから出てきていますが・・・

お父さんもお母さんも元レスリング選手で、
実は妹さんが2人いるのですが、妹さんたちもレスリングをしているんですね〜

まさにレスリングのサラブレッドですね・・・


お父さんは孝人さん
日本体育大学時代にグレコローマン74kg級レスリングで2冠を達成したの元学生チャンピオンです。

今年で48歳です。



お母さんの初江(はつえ)さんは46歳

川井梨紗子_母_-_Google_検索

旧姓を小滝(こたき)さんといい、
1989年の世界選手権(53キロ級)に日本代表で出場し7位入賞しています。



お父さんもお母さんも強いですね〜


で、妹さんの友香子さんは1997年8月27日生まれで、もうすぐ19歳になる志学館大学1年生です。

友香子さんもオリンピック出場を目指していますので・・・
2020年の東京五輪は姉妹でオリンピック出場もあり得ないことではないですね!

川井梨紗子_-_Google_検索
よく似てますね〜
これは姉妹で日本選手権の決勝戦を戦い、1位と2位の表彰のときの写真です。


末っ子の優梨子さんは今年高校3年生で、もちろんレスリングをしています。

レスリング一家です。
食事中もレスリングの話とかするんでしょうかね・・・



ということで、川井梨紗子選手について調べてみました・・・


東京五輪には58kg級に体重を戻して、
伊調馨選手を破って、日本代表になりたいそうです。

山は高いですが、挑戦し甲斐がありますね〜


妹の友香子さんと一緒に姉妹で東京五輪に出場するのも目標なんだそうで
姉妹でメダリストも夢ではないかもしれないですね!


吉田沙保里選手がいるので階級を下げた登坂絵莉選手がが金メダル、
吉田沙保里選手がいるので階級をあげた伊調馨選手が金メダル、

ということは、
吉田沙保里選手がいるので階級をあげた伊調馨選手がいるので階級をあげた川井梨紗子選手も・・・

ってことですね!!

リオ五輪での金メダルを楽しみにしています!





Sponsored Link

こちらの記事もよく見られてます♪

PREV:丹羽孝希(にわこうき)はイケメンだけど彼女や身長は?父や姉弟について!
NEXT:福原愛のペンダントやピアスは彼氏のプレゼント?ブランドや値段は?

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です