2017年の衆議院解散の時期はいつ?総選挙の日程も予想してみた!

どうも、どうもです。 2017年になって、もう、1週間になります。 なんだか、昨日、紅白歌合戦見て、初詣に行った気がするのにな〜 とにかく、月日が...

どうも、どうもです。

2017年になって、もう、1週間になります。
なんだか、昨日、紅白歌合戦見て、初詣に行った気がするのにな〜

とにかく、月日が経つのは早いですね。
きっと歳のせいもあるんやろな笑

Sponsored Link


そして、この2017年は激動の1年になりそうですよね!


今年はアメリカの大統領がドナルド・ジョン・トランプ氏になりますし、
韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領は、スキャンダルで任期をまっとうすることはできないでしょうし、
北朝鮮はどんどんミサイル実験してますし、

フィリピンのロドリゴ・ドゥテルテ大統領も気になりますし、

2017年は、オランダの総選挙
フランス大統領選挙
イラン大統領選挙

と、気になることだらけですよ!


そして、日本では、2017年に衆議院の解散、総選挙があるのではないか
まことしやかに噂されているのです!


では、なぜそう言われているのでしょうか?




本当に2017年に衆議院解散・総選挙はあるのか?


%e8%a1%86%e8%ad%b0%e9%99%a2_-_google_%e6%a4%9c%e7%b4%a2


衆議院が2017年に解散・総選挙になる理由は色々考えられます。


まずは

衆議院の任期4年のうち2年が過ぎたからです。

衆議院は、任期4年をまっとうすることはまずないんですね。
だいたい1年すぎると、そろそろかな〜なんて感じです。

が、安倍首相は、今回その時期を逃してしまってるんです。
理由は、
熊本地震
都知事選
また、
イギリスのEU離脱
トランプ氏の大統領当選
とにかく2016年は大きな出来事が多くてタイミングがあわなかったんです。



また、

野党第1党の民進党党首蓮舫氏が国籍問題で、人気に陰りが出ている

というのも、理由の一つだと言われています。

安倍首相としてはこの流れに乗って、自民党圧勝といきたいわけです。




そして、これから消費税の増税があります。
その前に、
国民に信を問う」という意味での、解散・総選挙ってのも考えられますね〜




そして、

2017年が酉年(とりどし)だから!

一つ前の酉年の2005年、
当時の小泉純一郎内閣総理大臣が、
郵政法案が否決された事をうけて、衆議院を解散して総選挙を行ったんですね。
いわゆる「郵政解散」と言われているやつです。

その前の酉年の1993年は、
宮澤喜一内閣総理大臣が、
テレビ番組のインタビューで「今国会中に衆議院の選挙制度改革をやります。やるんです」と公約したにもかかわらず、
自民党内の意見をまとめきれずに次の国会へ先送りしたことに野党が反発し、
日本社会党、公明党、民社党が共同で内閣不信任決議案を提出し、
同じ自民党からも造反者が出て可決されたた事によって起こった解散・総選挙で
うそつき解散」と言われてます。


また、48年前の酉年1969年の第二次佐藤栄作内閣の時には、
佐藤栄作内閣総理大臣が沖縄返還で米国と合意し、解散・総選挙に打って出たんですね。
名付けて「沖縄解散」です。




で、今年も酉年という事で、解散・総選挙が起こってもおかしくないって事ですよね!



安倍首相の2017年仕事始めの挨拶で、

%e5%ae%89%e5%80%8d%e9%a6%96%e7%9b%b8_-_google_%e6%a4%9c%e7%b4%a2

実は、私は政治家としては年男でございます。
24年前の酉年に初当選を果たすことができました。
48年前ですね、佐藤政権でもやはり、沖縄返還の契機として解散・総選挙があった年であります。
そして12年前には、ここにも何人か拝見をさせていただきますが、
郵政選挙があり、多くの自民党の新人が当選をしました


と、過去の酉年の衆議院解散・総選挙に触れてますし、

やはり、今年の解散・総選挙は濃厚そうです!



では、その時期はいつになるのでしょうか?

Sponsored Link





2017年の衆議院解散の時期はいつ?




1993年の「うそつき解散」の時期は、 1993年6月18日です。


そして、行われた総選挙は
「第40回衆議院議員総選挙」で、1993年7月18日です。



また、2005年の「郵政解散」は 2005年8月8日です。

総選挙は、 「第44回衆議院議員総選挙」で2005年9月11日に行われています。



いづれも、その年の中頃に解散・総選挙になってます。

だいたい、年明け早々に解散・総選挙などになったら、2017年度の予算成立が遅れてしまい、
日本経済に大きな影響を与えてしまいますし、

今現在、衆議院では自民党は、3分の2以上の議席を獲得しているので
急いで、解散する理由はないんですね。



この事から考えて、

予算審議が終わる3月まではまずないと思いますし、

また、2017年7月22日には東京都議会議員の任期が満了になり、選挙があります。


という事から、やはり8月以降という事になりますね。


2017年の衆議院解散・総選挙は秋くらいには行われるのではないでしょうか?




そして、その解散の名前も気になりますね〜

「何解散」ですかね?

消費税解散」とか「アベノミクス解散」なんて、勝手に想像してますが、

私の足らない脳みそで考えるより、
ぴったりな名前がきっとつくと思います。



ということで、今回は2017年に衆議院解散・総選挙があるのか?
また、あるとしたら、その時期はいつなのか?
について調べてみました。


いづれにしても、激動の世の中、少しでも政治・経済が安定してくれることを望みます。



Sponsored Link

こちらの記事もよく見られてます♪

PREV:森博幸(鹿児島市長)の出身大学や年収は?妻や子供など家族もチェック!
NEXT:おんな城主直虎のおとわ役の子役は誰?可愛いので年齢や事務所をチェック!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です