平尾昌晃の死因の病気は?嫁や息子など家族と若い頃について!

Tweet [`buzzurl` not found] どうも、こんばんわ。 また、昭和の...
LINEで送る
[`buzzurl` not found]

どうも、こんばんわ。

また、昭和のスターが亡くなりました。
歌手で作曲家の平尾昌晃(ひらお・まさあき)さんです。
2017年7月21日の夜11時40分に79歳で旅立てれたそうです。

Sponsored Link


平尾さんといえば、年末のNHK『紅白歌合戦』で『蛍の光』の指揮をする人
という印象が大きいですが
私個人的には、
畑中葉子さんとデュエットした『カナダからの手紙』がいの一番に思い出されます。
今でも、口ずさめることができるくらい
当時はよく聞いていました笑

覚えやすいメロディーで大ヒットしましたよね。

今日は哀悼の意そ込めて、平尾昌晃さんについて詳しく調べてみたいと思います。




平尾昌晃さんのプロフィール


名前    : 平尾 昌晃(ひらお・まさあき)
生年月日  : 1937年12月24日
没年月日  : 2017年7月21日(没79歳)
出身地   : 東京市牛込(現在の東京都新宿区)

平尾さんは
社団法人日本作曲家協会・常務理事
社団法人日本音楽著作権協会(JASRAC)理事
をされていて
日本音楽業界の重鎮です。

2003年には紫綬褒章も授与されており、

えら〜いお方です!

まだまだ日本の音楽の発展のために頑張って欲しかったのに
本当に残念です。



平尾昌晃さんの経歴



平尾さんは
ちょうど戦争中に
今の東京の新宿区に生まれましたが
1945年に敗戦したのち
神奈川県湘南の茅ヶ崎に引っ越ししています。

出身小学・中学校は湘南学園です。

そこから慶應義塾高等学校に進学しますが

辞めて音楽の道に入るんです。

なので、 最終学歴は慶應義塾高等学校・中退です。


小学校から私立に通っているのを見てもわかるように

平尾昌晃さんはお金持ちの実家で育っています。


小学3年(9歳)のときにジャズを聞き音楽に目覚め
11歳の時にはのど自慢大会に出場し、鐘3つをもらっています。
当時から、歌が上手だったんですね!
しかも歌った曲は「奥様お手をどうぞ」。
もちろん英語で歌ったんです。
ラジオを聴きながら覚えたそうです。
なんとも、おませな11歳ですね!

その後、高校生になると
ジャズ教室の「日本ジャズ学校」に通ってい、
進駐軍キャンプやジャズ喫茶に出演していました。

高校を中退したあと

日本最初期のウエスタン・バンド「チャック・ワゴン・ボーイズ」に参加します。

1957年、ジャズ喫茶「テネシー」に出演している時にスカウトされ
石原裕次郎さん主演の『嵐を呼ぶ男』に出演します。

1958年1月 『リトルダーリン』でソロデビュー
和製プレスリー」と呼ばれていました!

ミッキー・カーチスさん、
山下敬二郎さんとともに
ロカビリー三人男」として大人気になります。
最大のヒット曲は1958年の『星は何でも知っている』です。



若い頃の平尾昌晃さん、
とってもかっこいいですね!


1966年からは作曲家に転身し、
多くのヒット曲を作り出しています。

【平尾昌晃さんが作曲した主なヒット曲】

1967年 布施明さん 『霧の摩周湖』・・・日本レコード大賞作曲賞
1967年 梓みちよさん 『渚のセニョリータ』・・・日本レコード大賞作曲賞
1969年 ザ・ドリフターズ 『ミヨちゃん
1971年 五木ひろしさん 『よこはま・たそがれ
1971年 小柳ルミ子さん 『私の城下町
1972年 小柳ルミ子さん 『瀬戸の花嫁』・・・日本歌謡大賞
1972年 天地真理さん 『ふたりの日曜日
1973年 五木ひろしさん 『夜空』・・・日本レコード大賞
1973年 アグネス・チャンさん 『草原の輝き』・・・第46回春の選抜高等学校野球大会の入場行進曲 
1974年 中条きよしさん 『うそ
1974年 アン・ルイスさん 『グッド・マイ・バイ・ラブ
1980年 松田聖子さん 『Eighteen(エイティーン)

などなど、
もう知っている曲ばかりでとても書ききれませんでした!

また、「平尾昌晃&畑中葉子」という名前で
畑中葉子さんとのデュエット曲も4曲出していて
いずれもヒットしています
カナダからの手紙』(作詞は橋本淳)
エーゲ海の旅
サンフランシスコ行き
ヨーロッパでさよなら

演歌からJポップまで幅広い作品を残しています。

それ以外にも
テレビ時代劇『必殺シリーズ』の音楽や
アニメ『銀河鉄道999』の主題歌
高等学校の校歌
企業の社歌
など、とにかくものすごい数を作っています。

こんなに次から次へと曲がかけるなんて
とんでもない才能ですね!

Sponsored Link






平尾昌晃さんの結婚した妻や子供など家族について



平尾さんは確認が取れただけで2度結婚しています。

1度目の結婚は

1972年7月、35歳の時に
女子大生になったばかりの方と結婚
しています。

ん?女子大生???
年齢差はなんと16歳!

中々やりますね!
そして、 息子さんを授かりますが離婚してしまいます。

離婚理由は
平尾さんの教え子の歌手の小沢深雪さんとの不倫
です。

当時小沢さんはまだ未成年の16歳のとき!

もめにもめ、離婚調停で決着がつき
慰謝料1600万円
長男が成人に達するまで養育費を毎月15万円
を支払うことで1976年1月離婚が成立したそうです。

結婚してわずか3年半。
奥さんとしても簡単に許すわけにはいかなかったんでしょうね。





そして、 1978年7月29日、41歳のときに再婚を発表します。

お相手はもちろん小沢深雪さんです。
今でいう「授かり婚」で、
結婚した時点で小沢さんは妊娠8ヶ月だったんです。

小沢さんは1959年1月2日生まれですから
結婚当時は19歳!
平尾昌晃さんとの年齢差は21歳差!

10月に平尾さんにとっては第2子の次男となる男の子が生まれました。

また、 1981年3月には第3子(三男)が生まれます。
その息子さんが歌手の平尾勇気さんです。

【平尾勇気さんのプロフィール】


生年月日 : 1981年3月10日
年齢   : 36歳
出身地  : 東京都港区西麻布
職業   : 歌手・俳優・タレント

いっとき、「有名人の2世」がテーマのバラエティ番組など出演していましたよね!
なんか、チャラチャラしてて
笑っちゃいましたが、

メジャーデビュー曲の『裸の楽園』は
作詞作曲も自身が手がけていて
TBS番組『サンデージャポン』のエンディングテーマ曲になり
有線チャートでも3位を獲得していて
日本レコード大賞新人賞候補にノミネートされてる
んです!

才能は受け継がれているんです!



が、結局、 小沢深雪さんとも1980年の半ばには離婚となります。

やっぱり、略奪愛って、続かないんですね〜

って、平尾さんって、若い女の子が好きだったんですね!

その後は結婚の情報はなかったので
独身だったと思われます。


ただ、デュエットをしていた畑中葉子さんとも噂がありました。
これはあくまでも噂で信ぴょう性には疑問があります。
畑中さんはデビュー当時まだ高校生3年生ですし、
平尾さんの好きな若い子ではありますが・・・

こういう噂が立つのも
平尾昌晃さんがモテモテの色男だったせいかもしれないですね〜

優しそうですし、
才能のある男性に女性は弱いですから!


懐かしい平尾昌晃&畑中葉子のベスト盤のCDも発売されています。






そして、
子供さんは息子さんが3人いるってことですね。

平尾昌晃さんの
あるであろう膨大な財産は
順当にいけば(遺言がなければ)
この息子さん3人で分割されるってことだと思います。



畑中葉子さんと平尾勇気さん


また、平尾さんのお祖父さんは化粧品メーカー「平尾賛平商店」を営む平尾聚泉(しゅうせん)さんです。

そして、叔父さんの平尾貴四男(ひらお・きしお)さんは作曲家で国立音楽大学の教授さんです。

お金持ちですし、
音楽の才能もあるご家族、ご実家ですね!



平尾昌晃さんの死因の病気は?


平尾さんは今までにも

1968年には
結核を発症
し、約1年間の闘病生活を送っています。

また、
2015年には、肺炎で緊急入院もしています。

そして、 今回も肺炎で1週間前から入院していたそうです。
一説には
原発性肺高血圧症」とも言われているそうです。


ということで、今回は平尾昌晃さんについて調べてみました。

私が知っている以上に才能に溢れる方でした。

心より、ご冥福をお祈りいたします。

Sponsored Link

こちらの記事もよく見られてます♪

PREV:ウーバーイーツの配送範囲エリアや値段は?注文方法や評判もチェック!
NEXT:いきもの係のEDダンスで踊る動物の中の人は超特急の何号車か調べてみた!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です