東京喰種(グール)の実写映画の公開日はいつ?清水富美加の役柄について!

どうも、こんにちは。 今日も寒いですね〜 2月の半ば ここに来て、こんなに寒い日が来るなんて! って感じです。 これがこの冬最後の寒波であって欲し...

どうも、こんにちは。

今日も寒いですね〜

2月の半ば
ここに来て、こんなに寒い日が来るなんて!

って感じです。

これがこの冬最後の寒波であって欲しい。
もう、冬はええわ!

Sponsored Link


って独り言をいっている私の今日の話題は、『東京喰種(とうきょうぐーる)』です。

実写映画では 女優の清水富美加さんがヒロイン霧嶋董香(トーカ)役を演じています

清水富美加さん、今話題の人ですね!

「幸福の科学」に出家するので芸能界を引退するそうです。

突然のことで、事務所も芸能界も私たち一般人もチョーびっくりですよね!!!

直筆のコメントでは、



関係ないけど、字がきたない(笑)
あまり、字は得意ではないようですね!

で、具体的に言われているのは
・水着のDVDの仕事は、地震が性的対象になるのが嫌でしたくなかったが、無理やりやらされた。
人肉を食べる人種の役は良心や信条にそぐわない役だった。

などです。

でも、突然の仕事放棄で
『にじいろジーン』や『シブヤノオト』を欠席しています。

さすがに、仕事なんだから、引退するにしても、
スケジュールに入っている仕事はこなさないと
周りの人に迷惑かけるのに!

なんて思いますが、

清水富美加さん側が言うには

はじめ、事務所に入っても、仕事は全くなく、
自分でオーディションを受け『仮面ライダー』の仕事を取ってきて、
仕事が深夜になっても送迎もなく、
少し、仕事が入るようになると、月給制の書類に強引にサインさされ、
月給5万円で、睡眠時間3時間、1カ月休みなく働かされた。
嫌な仕事を断ると、見せしめに仕事を干された

ということです。

この清水富美加さんが所属している事務所「レプロエンタテインメント」って、
能年玲奈さんが所属していて、揉めに揉めてやめた事務所ですよね〜

やっぱり、事務所側にも問題がありそうですよね〜




実写映画『東京喰種(トーキョーグール)』とは?





で、上述でも出てきた「人肉を食べる人種」の役が

今日の話題の映画『東京喰種(グール)』のヒロイン、霧嶋董香(トーカ)役です。


これは、 石田スイさんデビューの漫画『東京喰種トーキョーグール』の実写映画化です。

「週間ヤングジャンプ」で2011年から連載してています。

2014年7月にはアニメ化もされているんです。

そのほかにも、 スマホアプリやPlay Stationなどゲーム化もされていて、
その人気ぶりがわかります。




実写映画『東京喰種(トーキョーグール)』のあらすじは?




「人肉を食べる人種」何て聞くと、かなりグロテスクな話のようですが、



あらすじとしては、

平凡な大学生の主人公、金木研(かねき けん)は
好意を寄せていたリゼにデート中に襲われるが
その時に事故(リゼの頭の上から鉄骨が落下)がおこり、リゼ共々病院に運ばれる。
リゼは喰種(グール)という人肉を食べる人種だった。
そして、病院では医師の嘉納によって
重症のカネキにリゼの臓器が移植された。
それから、カネキは今までの食事が出来なくなってしまい、
人間の命を奪い、喰い生き永らえる怪人の存在に疑問と葛藤を抱きつつ、
あるべき世界のあり方を模索する

そして、
カネキは人間の大学に通いながら、
喰種(グール)の集う喫茶店「あんていく」でアルバイトをすることになる。
この「あんていく」でアルバイトしている喰種(グール)の霧嶋董香(トーカ)役をするのが清水富美加さんです。
その中で、色々な人と喰種(グール)にに出会う。
そして、自分が半喰種(グール)になってしまったのはリゼに関係があると思い
リゼを捜索し始める。
また、「あんていく」が警察に襲撃されたり、
いろいろな事件が起こっていくです。

人間、喰種(グール)、半グールと色々な感情が織り交ざった、「サイエンス・ファンタジー」です。


ちょっとザックリすぎるけど、こんな話なんです!


ただのグロい話というよりは

登場人物の心の葛藤や、サスペンス要素もあって、

とってもふか〜い物語になっています。


Sponsored Link





実写映画『東京喰種(トーキョーグール)』のキャスト(配役)は?




金木研(かねき・けん/カネキ)



主人公の金木研(かねき・けん/カネキ)は

原作者の石田スイさん、たっての希望で 窪田正孝さんです。

なんか、わかります!

というか、原作者がキャラのイメージにぴったりと言っているので、

間違いないです!!



霧嶋董香(きりしま・とーか/トーカ)




で、 ヒロインの霧嶋董香(トーカ)ちゃん役が清水富美加さんです。

この役のために髪を30センチも切ったそうで、とっても気合が入っている感じがしていましたが、

本当は嫌だったと思うと

なんと言っていいのか・・・悲しくなってきますね。


トーカちゃんは、清巳高等学校普通科2年生で「あんていく」でアルバイトとをしています。

高校生ですが、バイト先ではカネキの先輩ってことですね!

うさぎのマスコットが大好きな心優しい女の子です。

親友の小坂依子(こさか・よりこ)は人間で、

調理師を目指している依子の料理を食べてあげたりもしている。

本当は平穏な生活を望んでいるという役柄(キャラクター)です。




亜門鋼太朗(あもん・こうたろう)


CCG(グールの犯した犯罪を専門に捜査する捜査官)本局所属の喰種(グール)の特等捜査官の 亜門鋼太朗役を鈴木伸之さん

熱血漢で、正義感も強いエリート好青年って感じの亜門ですが、

実は小児喰らいの喰種(グール)の孤児育ちという、複雑な役です。

この鈴木さん、私走らなかったのですが、

劇団EXILEのメンバーだそうで、

結構たくさんのドラマや映画に出演していましたww



神代利世(かみしろ・りぜ/リゼ)


金木研を喰種(グール)へ引き込んだ張本人の 神代利世(リゼ)役は蒼井優さんです。

魔性の女的な感じがピッタリな気がしますね〜



真戸呉緒(まど・くれお)


CCG(喰種捜査官)の上等捜査官、真戸呉緒役を大泉洋さん
奥さんの真戸微もCCGで、
二人とも喰種(グール)に殺されてしまいます。
二人の娘の真戸暁も、CCGになるんですね!

亜門のパートナーです。

いつも手袋をしているちょっと変わった人ですが、

実は家族思いだったり、部下にも優しかったりして、

これも大泉さんはハマってますよね〜!







現在までに発表されているのは、これだけです。


監督さんは、萩原健太郎さん

ショートフィルムやTVコマーシャルの演出で活躍していた監督さんですね。




実写映画『東京喰種(トーキョーグール)』の公開日は?



この実写映画『東京喰種(トーキョーグール)』の公開日はまだ決定してないです。


発表されている 実写映画『東京喰種(トーキョーグール)』の公開日は2017年SUMMER


ということです。

おそらく7月の末の金曜日

2017年7月28日金曜日ではないかと思います。

あくまで、まだ私の予想ですから、決定次第追記しますね!



ということで、今回は実写映画の『東京喰種(トーキョーグール)』の公開日や清水富美加さんの役を中心に

キャスト、あらすじなど調べてみました。




Sponsored Link

こちらの記事もよく見られてます♪

PREV:田中大貴はイケメンでバスケ界のプリンス!大学やシューズもチェック!
NEXT:花粉症の眠くならない市販薬のおすすめは?効き目や値段もチェック!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です