上橋菜穂子の出身大学などプロフィールや経歴!処女作や代表作は!

どうもです!!! ついに今年も本屋大賞が決まりましたね!!! 上橋菜穂子さんの『 鹿の王』ですWW みなさん、読まれましたか? 昨年の和田竜さんの『...

どうもです!!!

ついに今年も本屋大賞が決まりましたね!!!

上橋菜穂子さんの『 鹿の王』ですWW

みなさん、読まれましたか?
昨年の和田竜さんの『村上海賊の娘』受賞から
もう1年になるんですねW

Sponsored Link


早いものです笑

上橋菜穂子さんの人生初のバイトは本屋さんだったというくらい
本屋が好きなようで
今回の受賞はとっても喜んでいるようですね。

実は私は上橋さんの作品は
1冊も読んだ事ないんですW

これは読んでみないといけませんねぇ・・・

全国の書店員が“今いちばん売りたい本”を決めるというコンセプトの賞で
色々な意見もありますが、
今までの大賞受賞作品も
私はやっぱりおもしろいと思います!

この作者の上橋菜穂子さんの他の作品も
連動して売れるでしょうねW

では、作者の紹介から


上橋菜穂子のプロフィール



上橋菜穂子

名前    : 上橋菜穂子(うえはしなほこ)

出身地   : 東京

生年月日  : 1962年7月15日(52歳)

出身学校  : 香蘭女学校中学校・高等学校⇒立教大学文学部史学科⇒同大学院博士課程

職業    : 小説家・文化人類学者

お父さんは洋画家の上橋薫さんだそうです。

上橋さんのハードカバーの表紙は
素敵な絵が多いのですが
ひょっとしたらお父さんが書いたのかもしれませんね・・・
はっきりした情報でなくてすいません。

上橋菜穂子 鹿の王


上橋菜穂子さんの経歴と作品


女子栄養大学助手
武蔵野女子短期大学(現:武蔵野大学)非常勤講師
川村学園女子大学講師
同大学児童教育学科教授 特任教授として教育学部児童教育学科で児童文学担当(2012年10月)

作家としては
1989年に『精霊の木』で児童文学作家としてデビューし、
1991年には『 月の森に・カミよ眠れ』で日本児童文学者協会新人賞を受賞!
1996年に『 精霊の守り人』で野間児童文芸新人賞・産経児童出版文化賞ニッポン放送賞を受賞、
その後、英訳(2008年)もされています。
それ以降、『 守り人シリーズ』が始まりました。

この守り人シリーズが有名のようですね。(本当に知らなくてすいません泣)
たくさんの賞を受賞しています。

2002年に『守り人シリーズ』が第25回巌谷小波文芸賞を
闇の守り人』は第40回日本児童文学者協会賞
神の守り人』は小学館児童出版文化賞
などですWW

すごー!!!
児童文学系の賞で、取ってないのはないのでは?と思う程ですねWW

極めつけが、
昨年の国際アンデルセン賞です!
児童文学のノーベル賞と言われている賞で、
ムーミンの原作者も受賞している賞です!!!

Sponsored Link




上橋菜穂子さんの書く小説のジャンルは児童文学で、ファンタジーですが、
若い人が主人公の普通のファンタジーではなく
30代の女性が主人公だったり
『鹿の王』では
戦争に負けて奴隷として鉱山で働かされている30代のおじさんとか
妙にリアルで重いそうで
新しい病気が発生して新薬を作るとか
免疫のことなどもリアルで
ずいぶんと
医療のことも勉強されているんだと思いますが
現実ではないのに
リアルな現実感があると評判です。


今回、この本屋大賞を受賞した事で
『鹿の王』は注目され、
今までの本屋大賞受賞作品がそうだったように、
ドラマや映画になるかもしれませんね!

ちなみに『精霊の守り人』は2016年から
NHKで綾瀬はるかさん主演でドラマ化が決定しているそうですよ!

その前にぜひ、読んでみたいですW

Sponsored Link

PREV:おかずクラブの本名・年齢などプロフィールと経歴!ネタ動画あり!
NEXT:64(ロクヨン)事件の真相やD県警のミス・幸田メモとは?

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です