2017花粉飛散の時期はいつからいつまで?ピークも調べてみた!

どうも、どうも、です! 暖かくなりましたね〜 お天気もいいです。 今日は私も気張って朝から 布団干しをしたり、 掃除機をかけたり、 トイレ掃除も...

どうも、どうも、です!

暖かくなりましたね〜

お天気もいいです。

今日は私も気張って朝から

布団干しをしたり、

掃除機をかけたり、

トイレ掃除もしました!

Sponsored Link



暖かいっていいですよね〜

何をするにも億劫でなくなるし!


でも、暖かくなるとやってくるのが花粉です!

いやですよね〜


今年もすでにスギ花粉が飛び始めています。

鼻がムズムスしてますから!!

くしゃみも出ます。


あ〜いつまで続くのかな〜

今年の花粉、少ないといいな〜


ということで、

今回は2017年の花粉情報を調べてみたいと思います。




花粉症になる原因の植物は色々ありますが、

ここでは代表的なもの

スギ
ヒノキ

について調べていきたいと思います。


私の場合は、スギ花粉にやられるんですが、

息子はスギからヒノキにいきイネも。

なので、年中花粉症ですがww



スギ花粉が飛散するプロセス






人間にとっては、

いや〜なスギやヒノキの花粉ですが、

スギやヒノキにとっては、子孫を残す大事な事ですよね。


スギ花粉を放出するのは雄花だそうで、

7月頃から形成され始め、

11月頃には雄花の中の花粉が成熟します。

その後、

気温の低下や昼の時間が短くなることで

雄花は休眠状態に入り、

一定期間の冬の寒さで覚醒し、

花粉の飛散に向けた準備を始まるんです。

その後に、

暖かい日が続くと花粉飛散は早まり、

寒い日が続くと遅くなるんですね。




2017年スギ花粉の予想



スギ花粉の量は、

前年の夏の気候で決まるんだそうです。

前年の夏が

・気温が高く
・日照時間が多く
・降水量が少ない

スギの花芽がたくさんできるので、

翌年春の花粉飛散数が多くなります。


では、2016年の夏はどうだったでしょうか?

全国的に気温が高く

日照時間は

北海道・北陸・東海・近畿・四国・九州地方で多く、

特に九州北部ではかなり多かった
です。

また、

東北・関東甲信地方では、

曇りや雨の日も多かった
ようです。


北海道では

低気圧や台風などの影響で、降水量が記録的に多かったです。


なので、

2017年のスギ花粉は

九州・四国・近畿・東海地方は

例年より多く、前シーズンよりも非常に多い予想



北陸・中国地方では

例年並みで、前シーズンより多い予想



東北・関東甲信地方は、

例年よりやや少なく、前シーズンよりも少なめ



北海道では

例年に比べて非常に少なく、前シーズンよりも少ない予想



ですね〜


という事は

今年(2017年)は、

東側より西側の方が、花粉が多く飛散するって感じです。




スギ花粉の飛散開始日


スギ花粉の飛散は、

毎年、飛散時期は2月〜4月です。



お天気ナビゲーターというサイトの

2017年2月14日現在の情報によると

札幌・・・4月上旬
東京・・・2月20日
名古屋・・2月20日
大阪・・・2月20日
福岡・・・2月20日


となっていて、

まだ、スギ花粉の飛散開始前なんですね〜


飛散開始日というのは

1平方センチメートルあたりの花粉数が
2日連続して1個以上になった最初の日で、
本格的な飛散が開始したと考えられます。

なので、

実は、九州から関東、北陸地方で

すでに、花粉は観測されているんです。






2017年のスギ花粉はいつまで?


では、

このいやな〜スギ花粉、

いつまで続くのでしょうか???


札幌・・・5月下旬
東京・・・4月中旬
名古屋・・4月中旬
大阪・・・4月中旬
松山・・・4月下旬
福岡・・・4月中旬



となっていて、全国的には4月半ばまで続く感じですね。

あ〜

まだ、2ヶ月もある!!

頑張って乗り切らないと!!



2017年スギ花粉飛散のピークは?



札幌・・・4月中旬
東京・・・3月上旬
名古屋・・3月上旬
大阪・・・3月中旬
松山・・・3月中旬
福岡・・・3月上旬



Sponsored Link





ヒノキ花粉について





次はヒノキについて調べてみます。

スギが終わっても、

ヒノキ花粉が飛んでいて

両方の花粉症を持っている人も多いですよね!


例年3月〜5月が飛散時期ですね。


が、

北日本ではヒノキはあまり分布してないので

ヒノキ花粉もほとんど飛散しません。


東日本・西日本では、

10〜12月の気温が平年よりかなり高めだったので

ヒノキの雄花は、おおむね例年通りに覚醒が進みましたが、九州地方では寒さが十分ではなく休眠打破も遅れている見込みです。
このため、飛散開始時期もおおむね例年並みで3月中旬から下旬になるでしょう。
一方、九州地方では例年よりやや遅く3月下旬から4月中旬にかけてとなる見込みです。



ヒノキ花粉の飛散開始日



札幌・・・4月中旬
東京・・・3月中旬
名古屋・・3月下旬
大阪・・・3月下旬
松山・・・3月下旬
福岡・・・3月下旬



まだ、3月に入ってからの事のようで、

はっきりした日にちは出ていませんでした。





2017年のヒノキ花粉はいつまで?



札幌・・・6月上旬
東京・・・4月下旬
名古屋・・4月下旬
大阪・・・5月上旬
松山・・・5月上旬
福岡・・・4月下旬





2017年のヒノキ花粉のピークは?


札幌・・・5月上旬
東京・・・4月上旬
名古屋・・4月上旬
大阪・・・4月上旬
松山・・・4月上旬
福岡・・・4月上旬




こんな感じですね〜

花粉が飛んでくるのは避けることができないですが、

色々な対処法で

やり過ごしていくしかないです。


マスクや内服薬、目薬、点鼻薬などが有効ですよね。

私の個人的な経験では

点鼻薬は結構効き目があるように思います。


ただ、

点鼻薬には血管収縮剤の入っているものと入っていないものがあり、

入っているものは、

使い方によっては薬剤性鼻炎にかかることがあり

逆に悪化するそうなので、

入っていないものの方がオススメです。








それ以外にも

不規則な生活やストレスが

花粉症状をより重くするということもあるようです。

食生活を見直し、

規則正しい生活を習慣付けることも大切なことですね!


ということで、

今回は、スギやヒノキの2017年花粉飛散情報について調べてみました!



関連記事 : 花粉症の眠くならない市販薬のおすすめは?効き目や値段もチェック!


Sponsored Link

こちらの記事もよく見られてます♪

PREV:花粉症の眠くならない市販薬のおすすめは?効き目や値段もチェック!
NEXT:真珠オークライヤーが可愛いので年齢や身長を調べてみた!彼氏はいるの?

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です